ブログカテゴリ:つぶやき



02日 6月 2017
ひとりで飯を食う時に それが美味いか 不味いかなどは なんの問題でもないな ひとりの時に食う飯は 空腹を満たす為だけか あるいは時間潰しのお供だ ひとり飯が美味い日は 僕がゴキゲンってだけさ 君が美味い、と笑うから 僕も美味いなぁと笑う 君が不味い、と笑うから 僕は好きだよ、と笑うのさ
31日 5月 2017
時の流れに乗るのは わたしらしくないか それが正解だとしても わたしらしくないか 大勢の葉っぱたちが かさかさと 音を立て始めたら 出発の合図さ わたしは わたしなりに もうちょっと踏ん張ってみるよ かっこつけてるだけじゃ ないんだって 伝えたい 嘆きたい こと 叫んでるんだよ 君の探し物は なんだっけ 今すぐ教えておくれよ すぐに探しにゆくよ
29日 5月 2017
ツイッターを見ていると 頭がおかしくなりそうだ なにもできていないから どんどん追い抜かされていく それが一番正直に 表れてしまう場所だから 何度言い訳をしただろう 何度慰めただろうか わたしはわたしでわたしなりに 頑張って生きているから、と それでも どんなにすり減らしても 闘えなければ意味がないのだ 今やることをするべきなのだ さぁ もう...
27日 5月 2017
片思い、みたいだ なんだか なんだか 生きてる時間とおなじだけ ずっと一緒のはずなのに なんだかうまく話せずに 目を合わせることもできずに でも その背中を見つめると なんだか涙が溢れるの 一番近いはずなのに 一番遠い気がするの 全部自分のせいなのだけど 昔は一晩寝て仲直り 全部自分のせいなのだけど 今は出口が見えなくて だめだめで、ごめんね...
26日 5月 2017
きみと初めて出逢ったから だれにも言えない話をするよ きみと初めて出逢ったから だれにも言えない話を聞いてよ たとえば気になるあの子の話 昔々の「まちがい」の話 あの子が遠くへ 逝ったこと ぼくがぼくを 嫌いな話 きみと初めて出逢ったから だれにも言えない話を聞いてよ みるみる変わる 景色の中で 変わらない ぼくの話
24日 5月 2017
ぐるぐる ぐるぐる 回ってる 赤と青に 襲われた 黄色い島と 緑の海 見えていたのは「ほんと」の色か わからない、とは なんて面白く わかるとは なんて面白い 長い 長い 時間の間 広い 広い 宇宙の間 あまりにも、ちっぽけだ 壊れて 壊して 壊れて 壊して ぐるぐる ぐるぐる 回ってる その端っこを 目指してる
23日 5月 2017
影が二つに割れる時 どちらを辿ってゆきましょう 影が二つに割れる時 心が二つに、割れる時 影が二つに割れる時は 光が二つ、ある時です
22日 5月 2017
空の青に 墨を垂らした 愚かな心を 隠すように 闇に消えた黒猫は 二度と戻りはしないのです さぁ 手をつないだら 地獄の底へまっしぐら 浮世の世界で君たちは ふたつ 愛してはならないの
21日 5月 2017
白い部屋に独り ここから外は見えていて 楽しそうなあなたも 怒っているあなたも 丸見えなのですが なにも聞こえない ランドセルを背負った少女は いつものように うわばきに履き替えた こっちを向いて笑っている わたしは笑われている 何も変わりない 何もわからない いつもの場所に座り込んで 分厚い硝子に問い掛けた 何がいけない? ある日突然変わるもの...